弁護士に相談しよう


交通事故に遭われてしまい、加害者側に慰謝料の請求を行う場合、弁護士に頼むことでたくさんのメリットを享受できると言えます。保険会社に相談した場合、確かに加害者側の保険会社は被害者に対し、治療費や休業補償などを支払ってくれますし、慰謝料も払ってくれますが、それはあくまで加害者が保険会社に保険料を支払っているからであり、契約に基づく義務として支払っているのです。そして保険会社の主な収入源は保険料となっているため、被害者は本来支払われるべき慰謝料よりも少ない慰謝料しか受け取れないというケースも多いのです。

慰謝料の請求を弁護士に頼んだ場合、弁護士は報酬額という点で被害者と利益が一致しているためなるべく多くの慰謝料を請求できるよう努めます。保険会社に相談した場合よりも賠償額の大幅な増額を勝ち取れる可能性は高いのです。
弁護士法人アディーレの『交通事故被害者救済サイト』にも、弁護士が示談交渉をすることで慰謝料の増額が可能と大きく掲載されています。

また法律事務所に依頼することで、面倒な交渉などをすべて弁護士が代わりにやってくれるというのもメリットの一つでしょう。どのような弁護士に依頼するかなどはご自身で決めなければなりませんので、基準がわからず苦労するといったケースも有り得ますし、該当のケースで無い場合、断られるといったことも考えられますので注意する必要があります。また、弁護士に支払う報酬も必要となりますので、その費用は計算しておかなければなりません。最近では相談だけであれば無料で対応してもらえる法律事務所もありますので、一度相談してみると良いでしょう。