交通事故の慰謝料


交通事故の慰謝料は被害者の精神的、肉体的に受けた苦痛を金銭に換算したものと言えますが、精神的な苦痛について数値化するのは特に難しいです。その数値化の基準として、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3つがあります。このような基準を設けることによって、なかなか数値化しえない被害者の苦痛というものをできる限り公正に一般化し、慰謝料を割り出すようになっています。

一般的に慰謝料とは、治療費用、入院費用、休業損害、入通院慰謝料、行為損害慰謝料(死亡慰謝料)の総額の損害賠償額のことを指します。交通事故の慰謝料には3つの種類があり、怪我をした場合の入通院慰謝料、後遺症をもたらしてしまった場合の後遺症慰謝料、死亡した場合の死亡慰謝料に分けられます。

入通院慰謝料は交通事故で退院後も通院が必要な場合、被害者が被った肉体的、精神的損害を賠償するためのもので、被害者が入通院を強いられた期間と怪我を負った部位や怪我の程度により金額が決定されます。後遺障害慰謝料は交通事故が理由となる機能障害、神経症状などの後遺症が対象となる慰謝料です。そして死亡慰謝料は被害者が死亡した場合に遺族に対して支払われるものです。亡くなった本人に対するもの、遺族に対するものの両方があります。